総務求人サイトランキング

総務求人TOP >> 条件別の総務求人探し >> 60代の総務求人

60代の総務求人

60代ともなれば、もう一般的には定年を迎えている年代のため、この年齢からの転職ともなれば、難しいと思うのが通常です。他の職種であれば、なかなかに難しい転職年齢と言えますが、総務職の場合には、ある程度にチャンスが残されています。やはり前提となってくるのは、豊富な経験になるでしょう。例えば株主総会の仕切りなどです。これは総務職の花形の仕事と言えるでしょう。あまり総務のことを詳しくない方は分からないかもしれませんが、要注意株主といったものや、反社会的勢力が株主として存在していないかなどなど、様々な仕切りが必要になります。

他にも広報系を任されている総務職であれば、日々の最新事情を把握しておくことが必須になりますし、いろいろなジャンルに精通しているほか、メディア関連の人間との人脈といったものも必須条件になります。人事系の総務の仕事の場合でも、労働基準法の知識は深く広く知っておく必要がありますし、その知識を把握しつつ、所属している企業の労働事情を把握し、その中で企業に利益をもたらすような労政対応をしていかなければならないのです。

法務系の仕事を任される場合には、当然に様々な法律に関して幅広くその知識を有している必要があるでしょう。その上で様々な部署からの法務相談を持ちかけることになり、他にも企業買収に関してのリスクマネジメントも自身でアイデアを出し、それをしっかりとした形にして経営陣に提案をするといったようなコンサルティング色の強い仕事も任されることになるのです。

ここまでを見てもらえると分かる通り、それぞれの専門分野で高いスキルと知識を有しており、それを後進に指導や教育出来るような人材でもない限り、60代での総務職での転職は難しいと言われています。年齢制限がなく60代の方も活躍中といったような求人で、しかも未経験者歓迎という求人を見つけることが可能ですが、こういったケースではほぼ空求人であることが多いと言えるでしょう。

そういった案件よりも、より細かい応募条件を課しているような転職求人の方が、本当にその企業が60代という年齢になっても、それまでの経験や知識を有している総務職の人材を求めている可能性が高いのです。こういった求人の多くは、実は大手から出されているケースが多いものです。専門的な分野があればあるほどに、そのアドバンテージを活かして欲しいといった大手企業が多く、新人社員の教育担当としてベテランを欲している傾向が高いのです。

本気で総務の転職をスタートするならこの5サイト!

  サービス名 利用料金 総務の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

条件別の総務求人探し

業種別の総務求人探し

総務転職のよくある質問


Copyright (C) 2013-2017 総務求人サイトランキング All Rights Reserved.