総務求人サイトランキング

総務求人TOP >> 条件別の総務求人探し >> 子育て支援が多い総務求人

子育て支援が多い総務求人

数ある職種の中でも女性が活躍しているのが多いのが、総務です。実際、総務として求人募集している企業には女性を歓迎しているところが豊富にあります。

女性が転職活動をする時に重視する点は、結婚後も働き続けることができるか、出産後は子供を育てながらでも働き続けることができるかという点です。最近は日本でも女性を支援する制度や子育て支援する制度が重視されつつあるため、以前に比べると女性が働きやすくなってきています。

子育て支援制度と一言で言ってもその内容は様々です。出産休暇に加えてある一定期間の育児休暇を認めているところや短時間勤務を認めているところ、子供が生まれた時にお祝い金を支給するところもあります。

子育て支援の中でも育児休暇はメリットが多い支援制度です。最近は男性でも育児休暇を取れる企業が増えてきました。ある統計によると育児休暇をはじめとした育児支援制度が充実しているのは、大手の金融機関や保険会社などが上位を占めています。

たとえば1年間の育児休暇がある企業で仕事をする場合、たとえ1歳になっていても子供を育てながら総務の仕事をしていくのは大変なことです。予定通りに保育園に入れないこともあります。また、子供が病気をした時に早退をすることも必要になるため、どうしても一緒に働いている社員に迷惑をかけることにもなります。

女性が総務の仕事を探す場合、これらのことも考えて子育て支援制度だけをチェックするのではなく、子供を育てながら仕事をすることに対する企業の考え方や一緒に働く人々の協力があるかという面もチェックする必要があります。

とは言え、面接の時などにあまりにも細かく育児に対する理解ばかりを求めた発言をしてしまうのはやはりマイナスです。たとえば、これまでに育児休暇を取った社員がいるかどいうかという質問をしてみるだけでも、その会社が子育て支援に対してどのような姿勢でいるかということが分かりますし、育児をしながら働き続けることができる女性が実際にいることが分かれば、自分の入社後もある程度安心できます。

企業によって違いがあるため、子育て支援が多い求人はどのような企業ということは一概に言うことができません。例として、小売店やメーカーなどは残業が多い業種なので育児と両立することが難しい場合があります。また、不動産関連では、繁忙期のみ残業が必要な場合があります。

中には、企業に保育施設や預かり施設を用意しているところもあり、このようなところであれば多少の残業があっても対応することが可能です。

本気で総務の転職をスタートするならこの5サイト!

  サービス名 利用料金 総務の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

条件別の総務求人探し

業種別の総務求人探し

総務転職のよくある質問


Copyright (C) 2013-2017 総務求人サイトランキング All Rights Reserved.