総務求人サイトランキング

総務求人TOP >> 総務転職のよくある質問 >> 総務転職はブランク復職で可能?

総務転職はブランク復職で可能?

総務職といえば、女性が多く活躍している職種としても、イメージが強いものでしょう。しかしながら、女性であるがゆえに、待っているであろう人生のビッグイベントのお陰で、ブランクを余儀なくされることもありますよね。結婚や出産という人生の大イベントを行うためには、会社を長期的に休んだり、一旦会社を退職し、落ち着いてから復職するという選択を取らざるを得ないのです。ここでは、ブランク明けの総務職の復職が可能なのかについて、紹介していきましょう。

一般的な総務職である場合、ブランクというものはあればあるほどに、嫌がられる傾向が強いと言えるのです。前述にあるような結婚や出産等の理由であれば、正当性というものが考慮されるために、まだブランクがあっても復職できる可能性は高いのですが、それ以外の理由でブランクがある場合には、長ければ長いほどに敬遠される傾向にあるというのが現実的な考えです。

一般的に採用側が考えるポイントというものを考えたとき、職場への定着性や職務遂行能力。さらには仕事に対しての取り組み姿勢やキャリアプラン等々を考慮するものでしょう。その時、現在就業中である人間とブランクを持っている人間とを比較した場合、すべての面において前者の方が上であるという風に判断されることになるのです。つまり転職活動において、ディスアドバンテージを持っているということは、前提として覚えておくべきでしょう。

ブランク明けで復職を目指す際に、一番ネックになるのは、やはり仕事勘とも言える感覚的なものが鈍くなるというところでしょう。仕事をしていない間に、何をしているかということが、その後の復職を目指す際には、勝負を分けることになってくるということです。仕事をしなければ、どんな仕事であっても、やらない分だけどんどんと衰えていくものです。経済状況や世の中も動いていくため、その流れについていけているかが問題なのです。

総務の仕事であれば、パソコン技術の向上のために、研修やスクールに通ったり、独自にスキルを磨き、資格を取得してみるというような努力をしているのかどうか。証券会社や銀行などで行われている金融セミナーなどに参加するとか、地域などのボランティア活動に参加をして、多くの人間とコミュニケーションを取る。英語の教材を買い、TOEICにチャレンジしてみるなど、ブランク中にこういった努力をすることによって、復職の際にアピールすることができるものなのです。

本気で総務の転職をスタートするならこの5サイト!

  サービス名 利用料金 総務の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

条件別の総務求人探し

業種別の総務求人探し

総務転職のよくある質問


Copyright (C) 2013-2017 総務求人サイトランキング All Rights Reserved.