総務求人サイトランキング

総務求人TOP >> 総務転職のよくある質問 >> 総務転職で多い失敗例は?

総務転職で多い失敗例は?

総務の転職をする人も多いです。満足の行く職場を見つけられた人もいれば、転職したことを後悔する人もいます。転職失敗した人の事例を見てみると、いくつかのパターンのあることがわかります。まず自分のイメージしていた仕事と実際に任される仕事の内容にギャップを感じるというケースがあります。総務の場合、担当する業務範囲はかなり広いです。ですから自分のイメージしている仕事と大きくかけ離れた業務内容を任されて、不満を募らせるケースはしばしば見られます。

またこれは何も総務に限ったことではないのですが、仕事や待遇について不満がなくても、職場の人間関係に問題があって転職したことを後悔するケースは結構多いです。いくら慎重に企業や求人情報を吟味しても、職場の人間関係は実際に入職してみないとわからないので失敗するリスクも高いです。実際に紹介されていた事例の中には、前職の先輩に誘われて転職したところ、その先輩の社内の評判がよろしくなく、自分も肩身の狭い思いをすることになったといった話も見られます。

転職の失敗事例の中には、面接や入職前の条件交渉でうまく自分の希望を伝えることができなかったために、採用される側と採用する側に意識のずれが生じてしまったというものもあります。たとえばそれまで経理の仕事をしてきたけれども、総務の仕事をやってみたくて転職したとします。しかし名目上は総務として採用されたけれども、経理の仕事を引き続き担当することになったという話も見られます。これは「どうしても総務の仕事をしたい」と事前に相手に上手く伝えられなかったことが原因です。面接や入職前の交渉は、お互いの事を理解するために必要な工程なのですが、「もしここで我を出し過ぎるとせっかくの内定を取り消されてしまうのでは?」と考えると、なかなか転職希望者は自分の希望を伝えられないといったジレンマに陥りやすいです。

転職するにあたって、まず今仕事をしている職場を退職してしまう人も失敗しやすいです。退職してしまうと、給料が入ってこなくなります。その結果、長期的な転職活動が経済的な事情でできなくなります。総務の仕事はそれほどたくさん出ているわけではないので、時としてなかなか次の転職先が見つからないこともあります。すると焦って、いろいろと妥協をして「とにかく仕事ができればどこでも良い」という感じになってしまって、転職したことを後悔するパターンもあります。地に足つけてじっくりと転職先を探すのであれば、今働いているところは辞めずに同時並行で転職活動を進めるべきです。

本気で総務の転職をスタートするならこの5サイト!

  サービス名 利用料金 総務の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

条件別の総務求人探し

業種別の総務求人探し

総務転職のよくある質問


Copyright (C) 2013-2017 総務求人サイトランキング All Rights Reserved.