総務求人サイトランキング

総務求人TOP >> 総務転職のよくある質問 >> 総務転職で公務員になれる?

総務転職で公務員になれる?

公務員の総務職に惹かれる人間は少なくありませんね。一般的な企業では、倒産やリストラのリスクが高く、安定したところで仕事をしたいと思っている人間が増えているからなのです。一般的に公務員試験にパスすることができれば、誰でも公務員の総務課に配属される可能性が高いですね。

公務員の仕事内容としては、一括りにすることはできませんが、一般的には、国家公務員と地方公務員とに分けることができます。またそれぞれに特別職と一般職とに分けることができるのです。特別職というのは、内閣総理大臣や県知事、そして裁判官や国会議員などがそれにあたります。ですから総務職は公務員の一般職というカテゴリーに属することになるのです。

公務員の総務職というものでも、実に幅広い仕事先が存在するということを覚えておきましょう。たとえば地方公務員である場合、都道府県職員や、市町村職員になり、その総務課で働くというパターンもあります。また公立学校などでも総務職員として働くことができますし、県庁や市役所であったり、学校や警察関係や消防所や病院などでも総務という仕事は存在しているのです。

総務職としては、基本ベースとしてやることは変わりませんが、それぞれの施設で当然に求められることは違ってくるために、どの仕事に就いているかによって、内容が全く変わってくるということになります。つまりは働く場所によっては、前職での仕事内容がまったく活かすことができず、ゼロから学んでいくということも十分に考えられるということになるのです。

総務の仕事の場合、どのような内容の仕事を希望するのかということは、必ず尋ねられるものだと思います。仕事の種類は本当に沢山に存在していますからね。総務の仕事というのは、基本的に幅が広く、組織全体に関する事務全般を扱う仕事であるということは漠然として分かってはいるものの、具体的に何をやりたいのかと問われると、それが出てこないという方も大勢にいらっしゃると思います。しかしながら、ここに明確な目標や目的があるということが、他の人間との差になりえることだとは言えないでしょうか。

押さえておくべきポイントとして、公務員の場合には年齢制限を設けられていることです。大体の場合は30歳くらいまでの年齢制限があるというのが一般的です。総務職でもそれは例外ではありませんから、事前に自分が条件を満たしているかどうかというのをしっかりと調べておくようにしましょう。

本気で総務の転職をスタートするならこの5サイト!

  サービス名 利用料金 総務の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

条件別の総務求人探し

業種別の総務求人探し

総務転職のよくある質問


Copyright (C) 2013-2017 総務求人サイトランキング All Rights Reserved.