総務求人サイトランキング

総務求人TOP >> 総務転職のよくある質問 >> 総務転職で多い理由は?

総務転職で多い理由は?

総務職の転職パターンとして、一番多い理由というのは、総務という仕事が、その会社に入社して大抵の場合、一番最初に所属させられるポジションであることが多いということなのです。一般的にはその後に違う部署へと再配属されることになるということなんですね。

一旦総務という仕事を経験し、その魅力にとりつかれた人間からしてみると、ずっと総務として働きたかったのに…という気持ちが強くなるため、その会社をやめ、総務職としての転職を希望されるというケースが非常に多く見られます。総務職の魅力は、さまざまな部署と関わらなければならないやり甲斐のある仕事であるということ。また経営者の観点を持ってすべての物事を見ながら考え、判断をしなければならないということが挙げられるでしょう。

つまりは、会社全体をバックアップする仕事であり、自分があたかもプチ経営者になったような気持ちになれるために、そこに非常にやり甲斐というものを感じている人間が多いということなのです。一旦この仕事の奥深さというものを味わってしまうと、他の部署での仕事に物足りなさというものを感じてしまうというのは、ある意味で納得できる話でしょう。

しかしながら、正社員であるならば、一般的にはジョブローテーションというものがあるのが通常なのです。小規模の会社である場合や、よほどそのジャンルにおいての高いスキルがある場合には、ずっと総務としての仕事を任せてもらえる可能性は高いものの、基本的には同じ部署において業務に携わり続けられるかといえば、それは否ということになるのです。

また総務職や事務職や人事というようなバックヤード畑と呼ばれるような職種に関しては、中途採用がなかなかされないジャンルの職種であると言われています。こういったことからも、実際に書類作成の面や、面接の際の転職理由として、総務という仕事の奥深さを知り、その仕事が好きだという理由では、ちょっとインパクトに欠ける理由だと思われる可能性が高いのです。

また転職理由としては、ネガティブな人間だと感じられるような否定的予測をするような人間は、採用されない傾向にありますから、そのポイントも押さえておきましょう。転職を通じて自分はどういった仕事をしたいのかということを、しっかりとアピールすることができ、その上でそれらのことをポジティブに考えているような人間でなければ、採用されることは難しいと言えるでしょう。

本気で総務の転職をスタートするならこの5サイト!

  サービス名 利用料金 総務の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

条件別の総務求人探し

業種別の総務求人探し

総務転職のよくある質問


Copyright (C) 2013-2017 総務求人サイトランキング All Rights Reserved.