総務求人サイトランキング

総務求人TOP >> 総務転職のよくある質問 >> 総務転職の退職手続きは?

総務転職の退職手続きは?

総務職を退職する場合、やはり現在抱えているそれぞれの案件というものを処理してから、もしくは解決の見通しが通ってから退職手続きを行うべきでしょう。総務の業務範囲というのは、非常に広く、多くの部署や企業内で働いている個人から仕事を任されていることが多いものです。社会保険に関することや、税金に関してのこと。他にも労基に関しての諸問題などを抱えているケースが多く、基本的にはこういった仕事を処理しておくことが重要です。

もしも期間内に処理が出来ない場合には、しっかりとそれを同じ総務の人間に引き継ぎをして、解決の目処を立てておくことが重要です。こういったことを何もしていないと、自分が退職をしてしまうことで、抱えている問題を解決出来ない迷惑を被る方が沢山に出てくるわけです。こういったことがないようにしっかりと退職手続きをする前に処理をしておくことが大事なのです。他にも人材の採用や教育、研修といった人材育成の分野でも深く関わっている場合があります。

新入社員や若手社員などのキャリアのカウンセリングなども行なっているケースが多く、その担当者が急にいなくなってしまうと、当然に大きな影響を与えることになるのです。こういったことがあることから、前述と同様にしっかりと引き継ぎをしてどの程度のカウンセリングを行なってきたのかなどを示すことが退職手続きをする以前にしておくべきことでしょう。前述までにある事例はほんの一例に過ぎません。

総務の業務範囲というのは、とても広いですから、自身が担当していた業務の引き継ぎはしっかりと行い、退職前に処理が出来るものであれば、完璧にこなしてから退職手続きを行なっていきましょう。また仕事の守備範囲が広いことから、企業内の重要な情報を把握していることも多くあります。当然に守秘義務が発生しますから退職手続きの際には、守秘義務を守るという契約書のようなものにサインをする必要もあるでしょう。

転職活動を成功させるためには、基本的に円満退社をすることが前提になってきます。前職の企業とトラブルが起こってしまったり、しっかりと引き継ぎをしていないと、退職をしてからも沢山の問い合わせや確認の連絡が来ることになり、集中して転職活動を行うことが出来ません。特に総務のような業務範囲が広い職種の場合、本人も忘れてしまっているケースも少なくはないのです。転職エージェントに登録をして、退職手続きの代行をしてもらうことも円満退社のための一つの選択肢になるのです。

本気で総務の転職をスタートするならこの5サイト!

  サービス名 利用料金 総務の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

条件別の総務求人探し

業種別の総務求人探し

総務転職のよくある質問


Copyright (C) 2013-2017 総務求人サイトランキング All Rights Reserved.