総務求人サイトランキング

総務求人TOP >> 総務転職のよくある質問 >> 総務転職は第二新卒で可能?

総務転職は第二新卒で可能?

近年では第二新卒者歓迎という求人案件をよく見かけますね。一般的には中途採用が難しいと言われているバックヤード職である総務職であってもそれは例外ではなく、積極的に第二新卒者の採用を考えている企業が増えているというのが現状として見られています。

しかしながら、最低限の採用条件というものは、きっちりと押さえておきたいところでしょう。第二新卒者ということで、即戦力としては期待されてはおらず、さらに総務職というのは、その個々の会社の色分けが強く出ている職種であることから、基本的には中途採用者は1から鍛えるという感覚で採用する会社が多いということです。

ただし前職の会社や研修などを通じて、必要最低限とされている基本的なビジネスマナーというものを身につけているのかどうかというのは、問題視されます。それは履歴書などの書類から感じ取られることもありますし、面接の際にも判断される基準になりますから、しっかりと身につけておくことが大事になってくるでしょう。

第二新卒者が総務職として転職を希望する際にアドバンテージになることは、通常の中途採用者と比較して、年齢が若く、将来性に期待が持てるということです。他にも特定の企業の影響というものがまったく受けていないということもアドバンテージになり得る条件だと言えるでしょう。前述にあるように即戦力としての期待は薄く、スキルや経験値も低いですから、履歴書や面接時のアピールポイントをしっかりと抑え、転職活動をすることが転職成功の大事な条件になってきます。

ポイントとして挙げられるのは、学ぼうとする姿勢と高い向上心というものです。さらには総務職には最低条件だと言われている協調性の高さであったり、コミュニケーション能力の高さというもの。さらに自分自身の強みや弱みというものをしっかりと把握できていて、分析できているのかどうかというところ。

採用者側が第二新卒者を受け入れる上で、もっとも重要視しているポイントとしては、前職を退職した明確な理由というものです。この点を上手にアピールすることができない場合には、自社で採用をしても、何か都合が悪いことがあれば、すぐに退職されてしまいそうというような予測が立つため、転職成功をするには、非常に難しい状況になると言わざるを得ません。そこで退職理由とともに、明確な志望動機を同時にアピールすることも大事なポイントになってくるのですよ。この2つのポイントを押さえておきましょう。

本気で総務の転職をスタートするならこの5サイト!

  サービス名 利用料金 総務の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

条件別の総務求人探し

業種別の総務求人探し

総務転職のよくある質問


Copyright (C) 2013-2017 総務求人サイトランキング All Rights Reserved.