総務求人サイトランキング

総務求人TOP >> 総務転職のよくある質問 >> 総務転職の自己PRは?

総務転職の自己PRは?

総務職というものは、仕事の守備範囲というものが広いジャンルの職種でありながらも、経営者としての資質も問われるような職種だと言えますね。総務職という職種ほど、それぞれの会社で色が違うような職種もないのです。会社の規模であったり、業界別によって、まったく特色が変わってきますから、総務職だからこれをしておけば間違いないということを限定することは、非常に困難な職種でもあるのです。

転職活動に関していえば、会社ごとに攻略方法というものが、変わってくる職種になるために、他の職種と比べると、非常に苦労をする職種であると言えるでしょう。ですから、総務職を希望して転職活動を行っていく際には、その会社の規模やどういった体制を取っているのかということをリサーチしていないと、効果的な自己PRができないことになってしまいます。

たとえば、その企業の規模が大きく、事業部制というものを設けているような場合には、その事業部そのものが、一つの会社としての機能を持つことになります。ですから、それぞれの事業部がフランチャイズの各店舗の経営者のような役割を果たすということになるのです。中小でも、会社として機能を持つことに変わりはなく、営業・財務・経理・総務・人事といったようにそれぞれの機能を持っていることが多いのです。

これはつまりどういったことを言いたいのかというと、商品を製造したり、販売したり、広告を打ったりなどというような事以外の裏の経営というものは、全て総務職の担当になっているところが大きいということなのです。会社内部のメネジメントや組織管理などに関しては、全てが総務職に委ねられるということになるのです。こういったことから、仕事の守備範囲が広い上に、経営者としての資質も求められるということになるのですよ。

こういったことから、総務職をただの事務職の延長や、何でも屋さんだからというような甘い考えでは、採用されることが難しいかもしれません。面接の場面でも、非常に的が絞りにくいという特徴があるのが総務職の特徴であり、専門性が薄くなるというところもあるのです。こういったことから、それぞれに出されている求人案件から、要項であったり、趣向というものを掴み、そのうえでその会社の総務職の特徴を理解した上、それに対応している内容を意識した自己PRが必要になってくると言えるのですよ。他の職種のように、自己PRでこれをアピールしておけば、大抵の場合は外れないというようなものがないということを覚えておきましょう。

本気で総務の転職をスタートするならこの5サイト!

  サービス名 利用料金 総務の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

条件別の総務求人探し

業種別の総務求人探し

総務転職のよくある質問


Copyright (C) 2013-2017 総務求人サイトランキング All Rights Reserved.