総務求人サイトランキング

総務求人TOP >> 業種別の総務求人探し >> 病院の総務求人

病院の総務求人

医療業界は転職が頻繁に行われる世界です。それは事務方と呼ばれているような総務職でも同じこと。少しでも福利厚生であったり、年収の面でアップできるような状況に立たされれば、転職をし、その条件を満たすことができる職場へとステップアップしていくものなのです。

こういったことから、医療系の総務職の求人は、豊富に存在していることになります。求人を見つけることができないという悩みとは無縁のジャンルが、病院の総務職だといえるわけですが、やはり一般的な総務の仕事とは違いというものがありますから、しっかりと把握しておきましょう。

一般的に総務を含む病院の事務職というのは、総務と医事というものに分けることができます。医事というのは、病院の診療費の計算であったり、診療報酬などの請求であったり、患者さんの受付業務などが主な仕事になってきます。病院における総務職の仕事というのは、医事が受け持つ業務以外のすべてのこととなり、その業務内容というものはとても幅広いということが言えるのです。

たとえば病院で働く職員の給与であったり、人事に関しての業務。また医師免許等の管理業務。さらには労務や安全、施設整備や用度、さらには広報というところまで総務部の担当になります。病院の規模というものが大きくなればなるほどに、これらの業務というのは細分化されることになります。たとえば総務部広報課というようなニュアンスですよね。しかしながら、小規模な病院施設である場合には、これらの仕事をすべて一手に引き受けなければならず、幅広い知識やスキルというものが必要になってくるのです。

具体的に小規模病院の総務職が必要とされている資格やスキルというものを挙げてみると、酸素取り扱いというものであったり、ボイヤーというような熱器具における資格というものを取得していると優遇されることが多いとも言われているのです。時に総務として、医事関連と一色多に募集をかけているところもありますから、注意というものが必要になってきます。医事業務となると、診療報酬の請求に関しての知識というものが必要になってきますから、医事関連の業務経験がないとまったくお話にならないことになるのです。国保と社保、また船員等などの違いによって、まったく医療請求が変わってきますから、一般企業からの転職の際には、医事の業務が絡んでくるのかどうかということは、採用試験などを受ける前にチェックしておく必要があるでしょう。

本気で総務の転職をスタートするならこの5サイト!

  サービス名 利用料金 総務の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



TOP

条件別の総務求人探し

業種別の総務求人探し

総務転職のよくある質問


Copyright (C) 2013-2017 総務求人サイトランキング All Rights Reserved.